本当にオススメのホワイトニングNavi【新宿編】

ホワイトニングを受ける前にまずチェック!新宿のサロン&クリニック情報

HOME » 鉄則!ホワイトニング効果を台無しにしないために » その歯ブラシと磨き方で大丈夫?

その歯ブラシと磨き方で大丈夫?

歯が黄ばみやすい、虫歯ができやすいという人は要注意!歯磨きの仕方が原因でホワイトニングの効果を台無しにしてしまうかも・・・?

より長い期間で効果をキープするためにも、歯ブラシの正しい使い方をマスターしておきましょう。

ホワイトニング後の歯ブラシの選び方

正しい歯磨きは、適切な歯ブラシを選ぶところから始まります。ドラッグストアなどにもたくさんの種類の歯ブラシが置かれていますよね。

それぞれ形や機能に特徴があり、目的に合った歯ブラシを選ぶことで効果的な歯磨きを行うことができます。

歯ブラシの硬さについては、「ふつう」を使っている人が多いのではないでしょうか。

歯の黄ばみが気になるときは、「かため」を選んでみましょう。しっかりと汚れを落とすことができます。

歯茎が傷んで見えたり、細かい部分の汚れにアプローチしたいときは「やわらかめ」がおすすめ。ブラシの先が狭い箇所にも届きやすくなります。

また、歯ブラシのヘッドの大きさにも注目してみましょう。小さいものであれば、細かな箇所を磨くのに適しています。

正しい歯の磨き方

ちょっとしたコツを覚えておくだけで、より効果的に歯磨きをすることができます。以下のようなテクニックを組み合わせて自分なりの磨き方を身につけてみましょう。

  • スクラッピング法
    歯ブラシを小刻みに動かし、1本1本の歯にあてながら磨いていく方法です。就寝前など、より入念に磨きたいときにおすすめです。
  • バス法
    歯ブラシを小刻みに動かしながら、2~3本の歯にかけて磨いていく方法です。歯磨きの効果を底上げできるよう、ブラッシングを繰り返したい場合におすすめです。
  • ローリング法
    歯の根元に歯ブラシをあて、上の歯は下に降ろすように、下の歯は上に向かって歯ブラシを半回転させながら磨く方法です。歯と歯茎の間につまった汚れにアプローチしたい場合におすすめです。

白い歯で輝く笑顔に ホワイトニングサロン&クリニックランキング

PAGE TOP