本当にオススメのホワイトニングNavi【新宿編】

ホワイトニングを受ける前にまずチェック!新宿のサロン&クリニック情報

これは台無し!NG集

ホワイトニングの効果を台無しにするNG行動を徹底リサーチ!歯の黄ばみにつながる食べ物や、気をつけたい生活習慣などについて丁寧に解説していきます。

黄ばみにつながる食べ物は?

これは台無し!NG集黄ばみにつながる歯の汚れは、ステインと呼ばれています。ステインは、丁寧にブラッシングをしていても、長い期間をかけて自然に蓄積されていくといわれています。

普段口にしている食べ物の中には、ステインを付着させやすいものがあります。せっかくホワイトニングをしても、これらの食べ物を多くとることで黄ばみが出やすくなってしまうかもしれません。

ステインがつきやすい食べ物には、どのようなものがあるのか確認しておきましょう。

飲み物

ウーロン茶や紅茶など、色味のあるものが挙げられます。ブルーベリーやブドウなど濃い色のフルーツを使用しているジュース、赤ワインなどもステインがつきやすい種類といえるでしょう。

食べ物

野菜では、緑黄色野菜やネギなどが挙げられます。健康のためには食べることも必要なので、過度にならなければ大丈夫だと思います。ココアやチョコレート類は、虫歯につながる可能性もあるので要注意。

気をつけたい生活習慣はコレ!

黄ばみの原因となる生活習慣の代表は、ずばり「喫煙」です。

ホワイトニングの効果を持続させるという意味では、日常的にタバコを吸っている人は要注意です。

タバコに使われているヤニは、粘着性が強いため、歯の汚れとして残ってしまう可能性が高くなります。歯磨きをしてもなかなか落ちないやっかいな汚れのひとつです。

まめに専用の歯磨き粉や美白歯磨き粉を使い丁寧にブラッシングをするなど工夫していくことが大切です。

またよくコーヒーを飲むという人も、歯の黄ばみが出やすい可能性があります。

こちらも嗜好品なので止めることは難しいかもしれませんが、タバコと同じように美白歯磨き粉などを使い、できるだけ汚れが残らないようにケアすることが大切です。

白い歯で輝く笑顔に ホワイトニングサロン&クリニックランキング

PAGE TOP