本当にオススメのホワイトニングNavi【新宿編】

ホワイトニングを受ける前にまずチェック!新宿のサロン&クリニック情報

ホワイトニングの安全性

ホワイトニングをする際にぜひ知っておいておきたい安全性についての話をまとめてみました。

ホワイトニングの安全性のこと

ホワイトニングは1989年にアメリカで実用化されてから20年ですが、その研究の始まりは今から150年以上と言われており、長い歴史を持っています。

何千万人もが治療を行っているホワイトニング先進国のアメリカでも大きな事故も報告されておらず、その安全性は確認されています。

薬剤に使用されている成分

長い研究の末、現在使われている薬剤は主に、改良を重ねられて世に普及した、過酸化水素です。

オフィスホワイトニングでは約15~30%、ホームホワイトニングでは10%~22%含まれていると言われており、食品添加物にも使用されたり歯茎の治療薬としても利用されていたり、さまざまな学会でも安全性が高いと立証されています。

機械と光の安全性

サロンやクリニックでは、薬剤を塗った後、歯に光をあてて治療するのが一般的ですが、この方法も安全性が確認されてています。

機械によっては熱が発生し、熱さは大丈夫なのかと心配される方もいらっしゃいますが、薬剤を塗布していますので、歯やまわりの歯茎には直接影響を与えるものではなく、ダメージを与えることもありません。

ホワイトニングの副作用について

安全性は認められているホワイトニングですが、人によって、施術のとき、しみたり痛みを感じる知覚過敏の症状が出る方がいます。

これは、もともと知覚過敏であった方、もともと表面のエナメル質が傷がついていたことなどが原因。その部分に薬剤が触れることにより、しみたり痛みが発生したりするということです。

この場合、薬剤の使用料や使用方法を調節することで解消する場合もあります。

また、一過性のものですぐに症状が感じなくなり、治療中ずっと耐えられないほど痛さが続くという方は少ないようです。何か傷みが続いたりはれたりするなど、トラブルが発生した場合は、すぐに医師に相談しましょう。
 

白い歯で輝く笑顔に ホワイトニングサロン&クリニックランキング

PAGE TOP