本当にオススメのホワイトニングNavi【新宿編】

ホワイトニングを受ける前にまずチェック!新宿のサロン&クリニック情報

効果と持続期間

ホワイトニングがどの程度白さの効果をもたらすのか、その期間も含め、解説します。ここでは、サロンやクリニックでできるオフィスホワイトニングのことをお話しします。ホームホワイトニングについては別のページで説明を設けていますので、ご覧ください。

ホワイトニングの効果とは

ホワイトニングは、黄ばんでしまった歯を削ることなく漂白して白くする方法です。これまで歯磨きなどをしても黄ばみが取れなかった歯がサロンやクリニックに行くことで、白さを取り戻すことができます。どこに行くかによって、薬剤や導入している機械、設備も異なりますので、1度で白くなる効果や何度通わなくてはならないか、ということには違いがあります。

また、日焼けと同じで、歯の白くなる度合いにも個人差がある、ということも知っておいてほしいと思います。

例をあげてみると、私、サイト管理人がはじめてホワイトニングした際は、サロンの提示してくれた白さの色見本で、8段階から10段階は白くなるという説明をうけ、実際に、1回の施術でも鏡で見てすぐ白さを実感できるほど変わりました。

1回の施術時間は、多くのサロンやクリニックで約1時間ほどのところが多いです。これだけの短時間で、目に見える白さを実現できるのがホワイトニングのメリットだと思います。

求める白さの度合いは、人によって感覚も違いますので、プロと相談の上、行き違いのないようにしっかりカウンセリングしてもらいましょう。

白さの持続期間について

ここで説明しているオフィスホワイトニングは、サロンやクリニックで薬剤を塗布してもらい、光などをあてて白くしていくという方法です。1回でも白さを実感できる即効性が強みですが、持続時間については、3か月から半年だということです。

白さを維持するためには、定期的にサロンやクリニックに通ったり、ホームホワイトニングというご自宅で行うホワイトニングを併用する方法もあります。

効果を持続させるための自宅のアフターケア

オフィスホワイトニングの後、せっかく美しい白い歯に変わったのですから、このきれいな状態をなるべくキープしたいものです。

ホワイトニング直後、特に24時間以内は、エナメル質をおおっていたぺクリルという膜がはがれた状態であり歯の表面に色素物質がたまりやすい状態となっています。それには、ご自身でのアフターケアが大切です。

  • 飲み物・食べ物に注意する
    ポリフェノールを含むもの(赤ワイン、ぶどう、ココア、チョコレートなど)、お茶類(コーヒー、紅茶、コーラ)、色の濃い食べ物(カレー、ほうれん草、ケチャップやソースなどの調味料)、など色素が付きやすいものをなるべく避けましょう。一方で、白い食べ物や色の薄い食べ物はおすすめです。
     
  • 専用の歯磨き粉を使う
    ホワイトニングに効果能ある歯磨き粉を毎日使用して歯の着色を防ぐこともおすすめです。サロンやクリニックで購入することもできます。
     

白い歯で輝く笑顔に ホワイトニングサロン&クリニックランキング

PAGE TOP