本当にオススメのホワイトニングNavi【新宿編】

ホワイトニングを受ける前にまずチェック!新宿のサロン&クリニック情報

HOME » ホワイトニングのギモン解消Q&A » 永久にホワイトニングするには

永久にホワイトニングするには

ホワイトニングするからには、できるだけ長持ちする方法を選びたいという人も多いはず。このページでは、永久にホワイトニングする方法として知られる、オールセラミッククラウンやラミネートベニアについてご紹介します。

歯の白さが半永久的なホワイトニング方法

ホワイトニングを検討したことのある人であれば、一度は聞いたことのある「オールセラミッククラウン」と「ラミネートベニヤ」。

半永久的に歯の白さを保つことのできるホワイトニング方法として知られており、審美歯科で施術を受けることができます。

それぞれの特徴やメリット、デメリットなどについて詳しく見ていきましょう。

オールセラミッククラウン

【メリット】

いわゆる被せ物の一種で、全体が陶器を材料としたセラミックでできています。銀歯とは異なり、口の中で目立たず、虫歯になりにくいという特徴があります。一度入れてしまえば、見た目は本物の歯とほとんど区別がつきません。耐久性が高く、審美的にも評価の高い施術方法です。

【デメリット】

見た目が美しい反面、本物の歯ではないために欠けや割れなどが起こる可能性があります。特に歯ぎしりをする人の場合、全体の耐久性が下がる傾向にあるようです。

ラミネートベニヤ

【メリット】

部分的な被せ物の一種で、セラミックでできた薄い欠片を歯の表面に張り付ける方法です。オールセラミッククラウンよりは歯を削る量が少なく、特殊な接着剤で張り付けるのではがれる心配もありません。前歯に使われることが多く、形が少しいびつな歯にも施術することができます。

【デメリット】

虫歯による欠けが大きい場合など、歯の表面の凹凸が激しい場合には接着しづらいという側面があります。セラミッククラウンと同様、歯ぎしりのある人の場合は割れてしまう可能性もあります。

また、どちらの施術方法にも共通するデメリットとして、自費診療になるため費用がとても高いことが挙げられます。継続的に通うことを考えると、家計的な負担も考慮しなければなりません。

より現実的な価格でホワイトニングを行うという点でも、できるだけ自分の歯を白くする方法を検討していきたいですね。

白い歯で輝く笑顔に ホワイトニングサロン&クリニックランキング

PAGE TOP