本当にオススメのホワイトニングNavi【新宿編】

ホワイトニングを受ける前にまずチェック!新宿のサロン&クリニック情報

HOME » ホワイトニングのギモン解消Q&A

ホワイトニングのギモン解消Q&A

ホワイトニングの基礎のお話は他のページで解決しましたが、ここでは、さらに深く掘り下げて、初心者さんが不安や疑問に感じることをピックアップしてみました。

Q1 差し歯でもホワイトニングできる?

差し歯やセラミックをホワイトニングで白くすることは、残念ながら今の技術ではできないです。ホワイトニングをすると色の差が出てきてしまいます。前歯に差し歯やセラミックを入れている場合は、今の歯の色と色をあわせて入れているはずです。

ホワイトニングする際には、まわりの歯をホワイトニング後、差し歯やセラミックをやり直す方法があります。費用の面などで、差し歯やセラミックを取り替えるのが難しいなら、白い樹脂を塗って白くするマニュキアという方法もあります。

Q2 1本だけ白くすることはできる?

ホワイトニングに関しては、1本だけ白くするというのは技術的には可能です。

ただし、例えば前歯など1本だけ変色しているというのは原因を知るためにも歯科医に確認してください。他の歯も黄色く変色はしていることもありますので、全体の状態に合わせた治療を相談してみたほうが良いでしょう。

Q3 知覚過敏が起こるってホント?

歯を削ることなく白くするホワイトニングですが、知覚過敏が起こる場合があります。

エナメル質欠損や歯が欠けたり、すり減ったりして象牙質が露出しているなど、歯がもともと持っている問題があった場合、露出した部分に薬剤の刺激が伝わって痛みを感じてしまいます。

虫歯や合っていない詰め物やかぶせものの部分、歯周病などによる歯根部が露出しているのも知覚過敏が出る原因となっています。

また、薬剤の濃度や頻度、時間などによっても、知覚過敏が出る可能性もあります。

対処法としては、知覚過敏が起こった時点で、ホワイトニングを中断し、原因を調べて処置をしてもらう、ということになります。痛みを感じたら、すぐに医師に相談しましょう。

Q4 施術は痛くない?

ホワイトニングは、歯の表面に薬剤を塗布して、レーザーや光などを当てていくことによって、歯の色素を分解していく方法です。麻酔をしたり、歯を削ったりはしないので、本来、痛みはあまりない治療法です。

しかし、人によっては、上で説明した知覚過敏などによって、痛みが出たり、しみたり、といった感覚的な違いはあるようですが、一過性のものですぐに治まっていきます。それでも痛いのが続いたりひどかったりする場合は医師に相談しましょう。

Q5 白くなりすぎるのは嫌。自然な色にできる?

歯の白さは、回数などによって調節することは可能です。求めている歯の白さは人によって異なるため、お願いするサロンやクリニックにしっかりと伝えることが大切です。技術の差や歯の質、使用する薬剤などにより、白さが違ってきます。

また、種類としても、歯医者で薬剤を塗り光などをあてるオフィスホワイトニング、お家でマウスピースを装着するホームホワイトニングがありますので、ご自身に合った方法で、求める自然な色を相談してみてください。

Q6 年齢など、受けるのに制限はある?

ホワイトニングに関しては、年齢制限は特にありません。基本的には18歳以上の成人であるのがおすすめのようです。18歳以下では歯もまだ成長段階であり、安全性の面で心配があるからです。また、同じ理由で、妊娠中や授乳中の女性も控えたほうが良いでしょう。

Q7 時間が無いので、1回で白くしたいのですが…

歯が1回でどれだけ白くなるかというのは個人差があり予測が難しいようです。歯も、肌の日焼けなどと同じで、人によって、もともとの黄ばみ具合も違いますし、色がどれだけ変化するかは大きく異なってきます

まずは、ホワイトニングに経験の多いところに相談するのがベストです。クリニックに通う時間が無い場合、ホームホワイトニングという方法があり、ご自宅でマウスピースをつけるというものがあります。

ホワイトニングする際に、この他にも色々な疑問があったら、やはりプロに相談して、疑問をしっかり解決してから、施術を行うのが、失敗しないための秘訣だと思います。

白い歯で輝く笑顔に ホワイトニングサロン&クリニックランキング

PAGE TOP